WEBドメイン

企業・法人向け逆SEO対策

会社名の誹謗中傷に対応

会社名で検索したときに、ネガティブなサイトが表示されるのは、たいへん困りますよね。事実が書いてあるのならまだしも、事実ではない内容の書き込みが検索のトップに来ると、大きな損失になります。そこで、企業としては、こうした誹謗中傷サイトが上位に表示されないように、積極的にネットで情報を発信していく必要があります。この施策を「逆SEO(ぎゃくエスイーオー)」といいます。

逆SEOとは

逆SEO対策とは、会社名や個人名で検索したときに表示される誹謗中傷サイトの順位を下げることです。GoogleやYahooで検索したときに、検索の1ページ目や2ページ目に誹謗中傷サイトが表示されると、大きな風評被害につながります。そんなとき、当社のような専門会社の「逆SEO対策サービス」を利用することで、迷惑なサイトの検索順位を押し下げることができます。2ちゃんねる(2ch)などの掲示板やブログ、twitterなどでの誹謗中傷(名誉毀損)において、逆SEOはたいへん有効な手段となります。

逆SEO対策とは、会社名や個人名で検索したときに表示される誹謗中傷サイトの順位を下げることです。GoogleやYahooで検索したときに、検索の1ページ目や2ページ目に誹謗中傷サイトが表示されると、大きな風評被害につながります。そんなとき、当社のような専門会社の「逆SEO対策サービス」を利用することで、迷惑なサイトの検索順位を押し下げることができます。2ちゃんねる(2ch)などの掲示板やブログ、twitterなどでの誹謗中傷(名誉毀損)において、逆SEOはたいへん有効な手段となります。

WEBドメインの逆SEOサービスの特徴

独自の技術・ノウハウ

WEBドメインは、逆SEOに関する卓越した技術とノウハウを持っています。独自の手法により、GoogleやYahooなどの検索において、誹謗中傷サイトの検索順位を引き下げることができます。

最速の逆SEO対策

WEBドメインの逆SEO対策サービスは、短期間で対策を終了させるのが最大の特徴です。豊富なノウハウとスピーディーな対応により、誹謗中傷サイトの検索順位を最短2~3日で大きく後退させることができます。また、契約期間は1か月単位となっています。多くのお客様が、わずか1か月で成果をあげ、逆SEOを無事完了させています。

安い

当社の逆SEOサービスは、料金がたいへんリーズナブルです。個人名の場合は月3万円~、法人名の場合は月5万円~となっており、業界最安値です。具体的な料金はその都度、見積もりさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

クオリティー重視、丁寧で安心な逆SEO

逆SEO対策は、誹謗中傷対策の手段としてたいへん有効ですが、稚拙な対策を行うと、誹謗中傷がさらに拡散する恐れがあります。また、逆SEOを目的として作成したサイトやブログが、かえって会社のイメージダウンになる恐れもあります。

当社は、クオリティーを重視し、高品質な逆SEO対策サービスを提供しており、荒っぽい対策は行いません。お客様のビジネスにとって大きなプラス効果のある逆SEOにより、検索対策を成功へと導きます。豊富な実績とノウハウのある当社に安心してお任せ下さい。

ビジネスのプラスにつなげる

当社の逆SEOサービスでは、誹謗中傷の被害を食い止めるだけでなく、その後のお客さのビジネスの発展に役立つようなサイトを制作します。誹謗中傷という「マイナス」要因を「プラス」に変える発想で、貴社の事業拡大に貢献いたします。

逆SEO対策の料金

個人名は3万円~

当社の逆SEO対策の料金は、案件ごとに個別に見積もりさせていただいております。見積額は、対策に必要となる作業の量によって変わります。料金の目安としては、対策キーワードが法人名や団体名(病院名・医療機関名など)、店舗名、屋号などの場合は1か月で5万円~です。個人名の場合は1か月で3万円~となっています。契約は1か月単位です。早ければ1か月で検索順位が十分に下落し、対策が終了となります。

<逆SEO対策の料金>
対策キーワード 料金
個人名 月3万円~(税込)
法人名
月5万円~(税込)

※初期費用や着手金は0円です。最短1か月で終了します。

万全の予防を

企業のネット戦略において、ネガティブな内容のWEBサイトが顧客の目にふれないようにすることは、極めて重要です。当社では、まだ深刻な誹謗中傷被害が出ていない企業・団体様、店舗、医療機関様に対しても、予防策として逆SEO対策サービスを提供いたしております。

公式ホームページを「逆SEO対策」仕様に改造

当社の逆SEOサービスでは、現在の公式ホームページを逆SEO対策用に改良いたします。そのうえで、質の高いWEBページを多く設置することで、誹謗中傷被害や風評被害を未然に防ぐことができます。